レコジンの卵

2ちゃんねる速報二ューススレッドやおーぷん2chなどのスレッドから管理人の興味のままにまとめ紹介しています。

2019年02月


  

元スレ:「http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1551345555/
1: ニライカナイφ ★ 2019/02/28(木) 18:19:15.57 ID:fqpI2xFL9
◆ 充電1回でバッテリーが50日持つ「怪物級スマートフォン」が発表される

仏企業Avenir Telecomが新型スマートフォン「Power Max P18K Pop」を発表。

携帯電話のバッテリー切れにストレスを覚える現代人の悩みを一気に解決してくれる”迷機”の誕生だ。

「Power Max P18K Pop」はヘンタイ端末だ。

最近の薄くて軽いスマートフォンに対するアンチテーゼと言わんばかりに、本機は厚くて重い。

厚みは1.8cmとiPhoneのおよそ3.5個分に当たり、世界最大となる1万8,000mAhもの大容量バッテリーを搭載している。

1回の充電で90時間の通話、100時間の音楽再生、2日間の動画再生が可能。

待受も最大50日間とされており、普通に使う分には充電無しで一週間は余裕のようだ。

6.2インチの液晶ディスプレイを採用しノッチのないベゼルレスデザインで、美しい仕上がりだ。

自撮り用インカメラは端末上部から飛び出す仕組みのため、画面上に余計なものは一切ない。

急速充電には対応しているが、その巨大なバッテリー容量から充電に8時間を要する。

価格は600ユーロ(約7.5万円)、6月から販売が始まる。

(写真)
https://cdn.vox-cdn.com/thumbor/XV-bmni79IGivi4Xv09AlctfBLg=/0x0:2040x1360/920x613/filters:focal(913x433:1239x759):format(webp)/cdn.vox-cdn.com/uploads/chorus_image/image/63124099/energizer_unit_vsavov7.0.jpg
no title


THE VERGE Feb 26, 2019, 7:37am
https://www.theverge.com/circuitbreaker/2019/2/26/18241117/energizer-power-max-p18k-pop-huge-battery-phone-mwc-2019

【【新製品】充電1回でバッテリーが50日持つ「怪物級スマートフォン」発表 】の続きを読む


  

元スレ:「http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1551347241/
1: みつを ★ 2019/02/28(木) 18:47:21.89 ID:A2ITZuJ/9
https://bg-mania.jp/2019/02/28282626.html

2019/2/28
    
平成で1番胃を痛めた人は誰だ? 「平成胃痛大賞」はじまるよ~。

今年で31年目を迎える「平成」も残りあと1か月。

いろんなことがあった平成を振り返ろうと、朝日新聞社メディアビジネス局は、「平成」に胃の痛くなる局面を乗り越え活躍した人や団体をたたえる「朝日新聞 平成胃痛大賞」(協賛:胃弱ラボ(明治))を行います。

賞金は12(胃痛)万円

平成という時代を報道を通じて見つめてきた朝日新聞社が、平成の30年間を振り返り、「スポーツ」「文化芸能」「ビジネス」「ローカル」4部門のノミネートエピソードを選出し、一般の投票により各部門賞を決定します。

○各部門ノミネート

【スポーツ部門】
監督とは「孤独」 岡田武史さん/勝ち続ける重圧 吉田沙保里さん/日米でトルネード 野茂英雄さんなど

【文化・芸能部門】
キャラ愛され復活 石田純一さん/「ラスボス」降臨 小林幸子さん/なぜか愛される クロちゃんなど

【ビジネス部門】
経営破綻から再起 スカイマーク/逆境を逆手に 「獺祭」旭酒造/「モンスト」で大躍進 ミクシィなど

【ローカル部門】
スパリゾートハワイアンズの軌跡/生まれ変わった「芸術の島」直島/別府「湯~園地」観光客呼び戻すなど

いずれも失敗や批判、プレッシャーなど、胃の痛くなるような思いを乗り越えて活躍した人や団体ばかりです。

また、一般からもTwitterから胃の痛い想いを乗り越えたエピソードを投稿・ノミネートできる「一般投稿」部門を設けており、審査員による厳正なる審査により部門賞を決定します。

そして、これら5部門のノミネートエピソードの中から、投票数を考慮した厳正なる審査により、平成胃痛大賞が決まります。

スポーツ・文化芸能・ビジネス・ローカル部門への投票は、平成胃痛大賞公式Twitterアカウント(@heiseiitsu)をフォローのうえ、特設サイトの「このエピソードにツイートで投票!」ボタンから投票。

一般投稿部門への参加も、平成胃痛大賞公式Twitterアカウント(@heiseiitsu)をフォローのうえ、特設サイトの「あなたもツイートで投稿!」ボタンより投稿。または、Twitter より「#平成胃痛大賞」「#一般投稿部門」をつけて投稿すればOKです。

キャンペーン期間はともに、2019年2月28日~3月18日11時。
(リンク先に続きあり)

no title

【【平成胃痛大賞】平成で1番胃を痛めた人は誰だ? 賞金12(胃痛)万円 朝日新聞主催 】の続きを読む


  

元スレ:「http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1551330487/
1: しじみ ★ 2019/02/28(木) 14:08:07.90 ID:CAP_USER
(CNN) 米航空宇宙局(NASA)の探査機「ジュノー」から、新たな木星の写真が届いた。雲が渦を巻く様子が写っており、オランダの巨匠ゴッホの絵画「星月夜」を思わせる雰囲気だ。

木星では「大赤斑」と呼ばれる巨大な嵐が恒常的に発生。ジュノーは2016年の木星到達以来、次々に画像を送ってきたが、大赤斑の存在もあって驚くべき内容となっている。

新たな画像には、「Jet N6」と呼ばれるジェット気流地帯で雲が渦巻く様子が写っている。

ジュノーは今月12日に18回目となる木星のフライバイ(接近通過)を行い、約1万2900キロ上空から雲の上端を撮影した。画像には色彩強調や回転処理が施されている。

全体では32回のフライバイが計画されており、ジュノーはフライバイミッションの後半に入ったところだ。

南温帯ベルトの雲の様子/Brian Swift/Seán Doran/NASA
写真特集:探査機が捉えた美しき木星
ジュノーの主任研究員である米サウスウエスト研究所のスコット・ボルトン氏は、「われわれは既にジュピターの大気の働きや、磁場の複雑性と非対称性に関する従来の知見を更新した」と説明する。

後半のミッションで詳しい情報を入手し、帯状風の深さや磁場の生成、惑星内部の構造と成り立ちに関する理解を深めたい考えだ。

no title


https://www.cnn.co.jp/fringe/35133463.html

【【宇宙】〈画像〉まるでゴッホの絵画、木星探査機から新たな画像が到着[02/28] 】の続きを読む

このページのトップヘ