技術・新製品

    元スレ:「http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1552032744/
    1: しじみ ★ 2019/03/08(金) 17:12:24.34 ID:CAP_USER
    (CNN) 米航空宇宙局(NASA)は8日までに、超音速機の衝撃波同士がぶつかる様子を捉えた画像を公開した。衝撃波による大音響(ソニックブーム)を出さない超音速機の開発に向けた取り組みの一環。

    撮影には10年をかけて開発した空対空撮影の新技術を使用し、超音速機2機が生み出す衝撃波の相互作用を初めて画像に捉えた。

    画像に写っている2機は米空軍の超音速練習機T38。米カリフォルニア州にあるエドワーズ空軍基地の研究センターから試験飛行を行った。

    NASAの研究員ニール・スミス氏は「興味深いのは、後続のT38の衝撃波が相互作用の中で曲がっている点だ」と指摘する。後続機は前方を飛ぶ機体の後流に入るため、衝撃波の形成の仕方が異なるという。

    超音速機による衝撃波は、大気中を伝わる際に組み合わさって特有の大音響を生み出す。このため、陸地上空での超音速飛行には制限が設けられてきた。ソニックブームを出さずに超音速飛行する能力の開発に成功すれば、いつの日か現在の制限が解除されるかもしれない。

    今回の試験では新たな撮影技術により、以前の試験の3倍のデータ量を取得することが可能になった。NASAによる静かな超音速機「X59 QueSST」の開発では、この技術が鍵となる役割を果たしそうだ。

    NASAのダン・バンクス氏は、この撮影技術で衝撃波の真の流れをモデル化できるようになると指摘する。コンピューターモデルに頼る場合、どうしても「ちょっとしたズレ」が含まれるという。

    no title

    https://www.cnn.co.jp/fringe/35133909.html

    【超音速機による衝撃波同士の衝突、NASAが初めて撮影[03/08] 】の続きを読む

    元スレ:「http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1551417736/
    1: しじみ ★ 2019/03/01(金) 14:22:16.20 ID:CAP_USER
    ワシントン(CNN) 米海軍は2月28日、海軍仕様の最新鋭ステルス戦闘機「F35C」が初期作戦能力(IOC)を獲得したと発表した。20年以上にわたる試験と開発の末、実戦配備が可能になった。

    今回の発表の前には、F35Cで構成される初の飛行隊が、空母「カールビンソン」の艦上で着艦資格取得訓練を完了していた。

    海軍航空部隊の司令官は「F35Cは作戦、戦闘、勝利への用意が整った」と宣言。「我々は空母打撃軍に素晴らしい兵器システムを加え、統合軍の能力を大幅に向上させつつある」と述べた。

    IOCの獲得はF35Cの主契約社である米ロッキード・マーチンにとっても大きな節目となる。

    ロッキード・マーチンのF35プログラム責任者、グレッグ・ウルマー副社長は海軍に祝意を示したうえで、「政府と産業界が一体となったチームによる揺るぎない献身の成果だ」と説明した。

    F35は高い攻撃力を備えた多用途機で、ロッキード社によると、ステルス能力と超音速性能、極めて優れた機動性、最新のセンサー融合技術を併せ持つ。

    ただ、近年はソフトウエアやエンジン、兵器システムの問題など相次ぐ逆風に見舞われ、厳しい批判にさらされてきた。

    F35Cは3種類あるF35シリーズのひとつ。米海兵隊使用機は2015年7月、空軍使用機は16年8月に実戦配備が可能になったと発表されていた。

    no title


    https://www.cnn.co.jp/usa/35133538.html

    【【軍事技術】米海軍のF35C、20年以上にわたる試験と開発で初期作戦能力を獲得 実戦配備可能に[03/01] 】の続きを読む

    元スレ:「http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1551345555/
    1: ニライカナイφ ★ 2019/02/28(木) 18:19:15.57 ID:fqpI2xFL9
    ◆ 充電1回でバッテリーが50日持つ「怪物級スマートフォン」が発表される

    仏企業Avenir Telecomが新型スマートフォン「Power Max P18K Pop」を発表。

    携帯電話のバッテリー切れにストレスを覚える現代人の悩みを一気に解決してくれる”迷機”の誕生だ。

    「Power Max P18K Pop」はヘンタイ端末だ。

    最近の薄くて軽いスマートフォンに対するアンチテーゼと言わんばかりに、本機は厚くて重い。

    厚みは1.8cmとiPhoneのおよそ3.5個分に当たり、世界最大となる1万8,000mAhもの大容量バッテリーを搭載している。

    1回の充電で90時間の通話、100時間の音楽再生、2日間の動画再生が可能。

    待受も最大50日間とされており、普通に使う分には充電無しで一週間は余裕のようだ。

    6.2インチの液晶ディスプレイを採用しノッチのないベゼルレスデザインで、美しい仕上がりだ。

    自撮り用インカメラは端末上部から飛び出す仕組みのため、画面上に余計なものは一切ない。

    急速充電には対応しているが、その巨大なバッテリー容量から充電に8時間を要する。

    価格は600ユーロ(約7.5万円)、6月から販売が始まる。

    (写真)
    https://cdn.vox-cdn.com/thumbor/XV-bmni79IGivi4Xv09AlctfBLg=/0x0:2040x1360/920x613/filters:focal(913x433:1239x759):format(webp)/cdn.vox-cdn.com/uploads/chorus_image/image/63124099/energizer_unit_vsavov7.0.jpg
    no title


    THE VERGE Feb 26, 2019, 7:37am
    https://www.theverge.com/circuitbreaker/2019/2/26/18241117/energizer-power-max-p18k-pop-huge-battery-phone-mwc-2019

    【【新製品】充電1回でバッテリーが50日持つ「怪物級スマートフォン」発表 】の続きを読む

    元スレ:「http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1551044411/
    1: ムヒタ ★ 2019/02/25(月) 06:40:11.17 ID:CAP_USER
     米Microsoftは2月24日(中央ヨーロッパ時間)、現実世界に3Dオブジェクトを重ねて表示できるヘッドマウントディスプレイ(HMD)の新モデル「HoloLens 2」を発表した。価格は3500ドル(日本円で約38万8000円)から。2019年中に日本を含む10カ国で発売する。
    no title


     2015年1月に発表した「HoloLens」の後継モデル。ディスプレイシステムを一新し、オブジェクトを表示できる視野角が前モデルに比べて約2倍に拡大。ピクセル密度は「1視野あたり47ピクセル」(同社)とし、細かい文字も見やすくなったという。

     指の動きまで認識できるハンドトラッキング機能を搭載。より直感的なジェスチャー操作に対応する。発表会では複数の指で空間に配置したピアノを演奏するデモを行った。視線を検知するアイトラッキングセンサーも内蔵。生体認証機能「Windows Hello」経由の虹彩認証でWindowsにログインできる。

     本体には軽量なカーボンファイバー(炭素繊維)素材を採用。背面のダイヤルを回してフィッティングする仕組みなどによって、「ほぼ全ての人が快適に装着できるように設計した」(同社)という。メガネを着けたままでも装着でき、前方のグラス部分はフリップアップできる。USB Type-Cを採用するなど、インタフェースも一新した。

     Azure上でグラフィックの描画処理を行うストリーミング機能「Remote Rendering」や、企業向けにHoloLens 2をカスタマイズできる「HoloLensカスタマイズプログラム」など、業務用途を強く意識したモデルになっている。
    以下ソース
    2019年02月25日 03時30分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/25/news049.html

    【【IT】Microsoft、「HoloLens 2」発表 指認識でつまみ操作、視野角は2倍に 法人向けに3500ドルから 】の続きを読む

    元スレ:「http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1550984018/
    1: しじみ ★ 2019/02/24(日) 13:53:38.24 ID:CAP_USER
    筑波大学などのグループは、スケトウダラのゼラチンを使って、手術用の接着剤を開発した。肺の切除手術を受けた傷跡に使うと、ヒトの血液から作った従来の接着剤よりも強度が強く、呼吸したときに空気が漏れないという。

     肺がんの手術で、肺を切除した傷跡は、糸で縫い合わせても空気漏れを防ぐことができないため、現在はフィブリン接着剤を使っている。この接着剤はヒトの血液から作られているため、生体には優しいが、強度が低いうえ、呼吸時の肺の動きについていけない(追従性)という点で問題があった。
    no title


    ■温める必要なし すぐ使える

     そこで、筑波大の佐藤幸夫教授と国立研究開発法人「物質・材料研究機構(NIMS)の田口哲志グループリーダーらは、スケソウダラから採取したゼラチンをもとに呼吸器外科専用の接着剤を開発した。

    タラなどの冷水魚は、豚や牛などのゼラチンに比べて、低温でもゼリー状になりにくく、液体状態を保つことから、手術時に外科医が温める必要がなく、すぐに接着剤として使用できる特性がある。
    no title


    ■従来品より高い強

     実験用の豚から摘出した肺で試した結果、肺が3倍近くに膨らんでも剥がれることがなかったうえ、直径10ミリの穴をふさいだときにも、従来の接着剤の1.4倍に相当する強度を示したことから、咳をしたときの気道内の圧力変化にも十分耐える可能性が期待されるという。

     グループは「患部に塗ってから5秒以内に硬化し、生体組織の修復に伴って、体内で分解・吸収される特徴がある」として、今後、動物を使った臨床試験で安全性の確認を進め、実用化を目指すとしている。

     なおこの研究成果は、米学術誌『Annals of Thoracic Surgery』に18日付で掲載された。
    no title


    ハザードラボ
    https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/8/28293.html

    2: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/02/24(日) 13:55:47.96 ID:0IoGbnZh
    タラちゃんすげー

    3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/02/24(日) 13:57:14.01 ID:vNtMbLg4
    ボンドってコニシの商標じゃなかった?

    4: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/02/24(日) 14:00:54.73 ID:VeMdnfSH
    タラボンドで商標登録してください

    5: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/02/24(日) 14:08:21.31 ID:CnS9P58f
    剥離

    って実際人に使って剥離した場合その人どうなるんだ

    6: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/02/24(日) 14:11:03.21 ID:9t1xR7Da
    今夜は鍋だ

    7: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/02/24(日) 14:11:11.81 ID:x5LO+s92
    タラしかダメなのかな
    ゼラチン質の多い魚他にありそうな気がする
    深海魚とか

    8: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/02/24(日) 14:21:15.23 ID:UNY08gqH
    足音がデカくなる副作用とか無いだろうな?

    このページのトップヘ