レコジンの卵

2ちゃんねる速報二ューススレッドやおーぷん2chなどのスレッドから管理人の興味のままにまとめ紹介しています。

生き物系


  

元スレ:「http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575309950/
1: みつを ★ 2019/12/03(火) 03:05:50.26 ID:J4jfpW8U9
【ぴちぴち】2m級のサメが浜辺に打ち上げられる 米マサチューセッツ州ケープコッド

2019/12/02


https://www.nbcboston.com/news/local/Porbeagle-Shark-Washed-Up-Marconi-Beach-565689511.html


Close-Up Photo Shows Shark Washed Up on Cape Cod Beach

By Asher Klein

Published 21 minutes ago


A photo of a washed-up shark on Cape Cod offers a rare close-up look at the elusive animal.

The 6-foot porbeagle shark was found dead just north of on Marconi Beach Sunday, according to the Atlantic White Shark Conservancy, which shared the photo on Facebook.

Startling Photo Shows Shark Near Surfer Off Cape Cod Beach
It isn't clear how the shark died. The areas around its mouth and some of its fins are tinged red in the photo, which also offers a look into a large, black eye and the shark's razor-sharp teeth.
(リンク先に続きあり)

no title

【【ぴちぴち】2m級のサメが浜辺に打ち上げられる 米マサチューセッツ州ケープコッド 】の続きを読む



元スレ:「http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574729873/
1: シャチ ★ 2019/11/26(火) 09:57:53.69 ID:J1O1GCOw9
11/26(火) 9:48配信CNN.co.jp
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-35145919-cnn-int
(CNN) ドイツで63歳の男性が、飼い犬になめられたことが原因で感染症にかかり、重症化して死亡した。欧州の医学誌でこの症例を発表した医師団は、飼い主らに対して、もしもインフルエンザのような症状が表れた場合、すぐに医師の診察を受けるよう促している。

症例を報告したドイツ・ブレーメンの赤十字病院の医師によると、それまで健康だった男性は、犬や猫の口内に存在する「カプノサイトファーガ・カニモルサス」という細菌によって感染症を発症した。

この細菌が人に感染するケースは極めて稀(まれ)だが、動物にかまれたことが原因で感染することもある。しかし今回死亡した男性は、自分の飼い犬に触れてなめられていただけで、かまれたりけがをしたりはしていなかった。

男性はまずインフルエンザのような症状が表れ、次いで重度の敗血症と、血斑や皮膚の変色、壊死を引き起こす電撃性紫斑病を発症。集中治療室で治療を受けたが症状は悪化し続け、多臓器不全のために死亡した。

カプノサイトファーガ・カニモルサスを原因とする感染症では、米オハイオ州でも今年5月、女性が傷口を子犬になめられたことが原因で細菌に感染し、両手両足を切断する手術を受けていた。

米ペンシルベニア大学獣医師校の専門家によると、カプノサイトファーガ・カニモルサスは犬の口内に普通に存在している細菌で、通常はまず、重大な感染症の原因にはならない。しかし極めて特異なケースとして、ごく稀に、重大な感染症を引き起こすことがある。

【【国際】飼い犬になめられて感染症に、63歳男性死亡 ドイツ 】の続きを読む


  

元スレ:「http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1574622427/
1: SQNY ★ 2019/11/25(月) 04:07:07.73 ID:CAP_USER
・猫恐怖症で「見ただけでパニック」に陥る女性「でもライオンとトラは大丈夫」

世の中には「クモ恐怖症」を持つ人がいるが、愛玩動物として知られる猫に対して異常な恐怖を感じる人もいるようだ。このほどイギリスから、猫の絵を見ただけで動悸が激しくなってしまうほどの猫恐怖症に悩まされている女性の話題が届いた。『The Sun』『Metro』などが伝えている。

英レディング在住のジーン・ディフェンタールさん(Jean Diffenthal、55)は、猫に対して異常に恐怖を感じることで日常生活に支障をきたしている。この珍しい症状に注目した英メディアがジーンさんにインタビューを行い、彼女の症状を伝えたことで人々の関心が集まっているようだ。

ジーンさんは物心ついた時から、猫に対しての恐怖感を抱いていたという。彼女は南アフリカのダーバン出身で16年前に家族とともにイギリスへ移住してきたが、南アフリカに比べてイギリスではあちこちで猫を見かけることが多いため、非常に苦労しているようだ。もし猫がそばに来た場合、ジーンさんはパニックに陥り冷や汗が出て体の震えが止まらなくなってしまうのだ。

その恐怖は実際の猫だけでなく、猫の写真やテレビコマーシャルなどで「猫が登場するのも怖い」という。スーパーマーケットなどで買い物をする際にはペットフードコーナーを避けるようにしており、さらに親戚の家を訪れる際も彼らが飼っている猫を一時的にペットホテルへ預けてもらうように頼み、その費用はジーンさんが負担しているそうだ。

ジーンさんは“猫”という言葉を耳にしただけで恐怖を感じるため、幼い孫達は彼女の目の前で猫に関連する歌を歌うことができないという。しかし不思議なことに、ネコ科であるライオンやトラなどは言葉にしても写真で見ても全く問題がないとのことだ。ジーンさんは自分の症状について次のように語っている。

「家には小さな庭がありますが、念のために6つほど猫の忌避装置を設置しています。猫を見るたびに心臓の鼓動が激しくなり冷や汗が出ます。“猫”という言葉だけでも神経過敏に陥るのです。この症状を他人に伝えることが難しいため、私は『猫アレルギーだ』と言うようにしています。」

そんなジーンさんも、普通の生活を送るために催眠療法を受けたことがあるという。療法士からは「猫を見たときは自分の指をつねって、何か良いことを考えるように」などとアドバイスを受けたものの効果がなかったそうで、しかも猫に対する恐怖は日を追う毎に、ますます大きくなっているとのことだ。

健康情報ウェブサイト『Healthline.com』によると、ジーンさんのように動物に対して異常な恐怖を抱くことの原因は不明だが、幼児期に猫や犬に襲われたり他の誰かが攻撃を受けたのを目にしたことなどが原因となる場合も考えられるそうだ。しかしほとんどの人が、その引き金となった経験を覚えていないケースが多いという。

・SCAREDY CATS Gran has such a crippling fear of cats even pics and songs to do with felines scare her
https://www.thesun.co.uk/news/10398485/gran-scared-of-cats-pics-songs/

(ねこ)
no title

no title


2019.11.24 テックインサイト 21:00https://japan.techinsight.jp/2019/11/masumi11231043.html

【【イギリス】猫恐怖症で「見ただけでパニック」に陥る女性「でもライオンとトラは大丈夫」 [11/24] 】の続きを読む

このページのトップヘ