生き物系

    元スレ:「http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1560788028/
    1: 一般国民 ★ 2019/06/18(火) 01:13:48.73 ID:CAP_USER
    サンショウウオのネバネバが理想的な医療用接着剤になる
    https://www.gizmodo.jp/2019/06/goo-from-giant-salamanders.html
    2019.06.17 18:00
    GIZMODO

    画像:チュウゴクオオサンショウウオ
    no title

    Image: Robert Murphy
    no title

    Image: J. Deng et al., 2019、オオサンショウウオから粘液を収集(A,B)、 凍結乾燥させたパウダーを生成(C)、そして粘着力のある生物学的なジェルを作って保管する(D, E)という生産工程を示す画像。
    no title


     チュウゴクオオサンショウウオはケガをした際に、皮膚のリンパ腺から白い粘液を分泌します。
     ある最新の研究で、この粘液から傷口を塞いで治癒を促進する素晴らしい医療用接着剤を生み出せることが明らかになりました。

     ・サンショウウオのネバネバが傷をくっつける
     手術の後、効果的かつ安全に傷口を塞ぐのは大事なことです。
     ほとんどの傷口は縫合か医療用ステープラーを使って塞がれますが、こういった「機械的」なアプローチがさらなる組織の損傷やストレスを引き起こすことも…。
     無縫合な代替手法が必要とされていますが、それらは強く粘着性があり、バイオフレンドリーで低コストかつ生産しやすいものでなくてはなりません。
     今も医療用接着剤はありますが、完璧からは程遠く、有毒性や弾性の乏しさ、損傷部位での過度の熱といった限界があります。

     Advanced Functional Materialsで発表された研究は、チュウゴクオオサンショウウオ(学名Andrias davidianus)の皮膚分泌物が傷口の治癒のための医療用接着剤の生産に使えると示しています。

     数々のテストにおいて、この接着剤はブタとネズミの傷口を効果的に塞ぎ、治癒を促進することへの効力を証明しました。
     この新たな論文にはハーバード大学医学大学院、重慶医科大学附属児童医院、四川大学をはじめ複数の機関の研究者たちが携わっています。

     ・生ける化石
     チュウゴクオオサンショウウオは成長すると体長1.8メートル、体重は64kg以上になる世界最大の両生類。その起源を2億年以上前のジュラ紀初期に持つ、生きる化石だと考えられています。

     何百万年もの進化の過程で、この巨大な両生類はユニークな治癒法を備えるように。擦り傷や他のケガに耐えたのちに、治癒の過程を支える白い粘液を皮膚のリンパ腺から分泌するのです。

     歴史的な説明と論文の記述によれば、中国の人は1600年以上も前からこういった皮膚の分泌物を火傷などのケガの手当に使ってきたとか。
     2015年の研究は、その粘液には組織再生と免疫防御反応を引き起こす化合物といった望ましい特性が多く含まれていたと発見しています。

     ・採取した粘液はほぼそのまま使える
     研究者らは新たな医療用接着剤を、「skin secretion of Andrias davidianus(チュウゴクオオサンショウウオの皮膚分泌物)」あるいは単にSSADと名付けました。
     この生体接着剤を作るため、彼らはオオサンショウウオの皮膚を刺激して、分泌物を直接収集。凍結乾燥させてパウダー状にしたら、生理食塩水を加えることでジェル状の物質が作られます。
     著者らによればサンショウウオの粘液に異物は何にも加えられなかったとのこと。

    ■■以下略、続きはソースをご覧ください。(以下、小見出しのみ抜粋)

     ・サステナブルな生産工程

    【【医学】サンショウウオのネバネバが理想的な医療用接着剤になる[06/17] 】の続きを読む

    元スレ:「http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560746440/
    1: ばーど ★ 2019/06/17(月) 13:40:40.38 ID:Q3Mke6fz9
    オーストラリア北西部で先月、体長4メートル近いニシキヘビが、自分の体を上回る大きさの仲間を丸呑みした姿がとらえられた!

    ニシキヘビの共食いが目撃されたのは、西オーストラリア州北部キンバリーの自然保護区内にあるリゾート施設「キャラバン・パーク」。

    ■ウチのニワトリが食われた!

    同パークに住み込みで働くカートさんとアマンダさんのジョンディック夫妻は先月20日朝、飼い犬がさかんに吠えているのに気づいて家の外に出たところ、ガレージのそばに今まで見たことがないくらい異常に肥えたニシキヘビに遭遇。その瞬間、ふたりは「ニワトリが食われた!」と大慌てで鶏小屋にダッシュ!幸い、毎朝卵を産んでくれるニワトリは無事だった。

    胸をなでおろしながら現場に戻ったカートさん。「じゃあ、コイツはいったい何を食ったんだ?」と首をひねりながら、これ以上、鶏小屋に近づけないためにも、大蛇をよそにやることを思いついた。

    ■ドライブ中の震動が刺激に?

    そこで4メートル近い大蛇を苦労して車の荷台につっこむと、自宅から遠い場所までドライブ。「さあ、引っ越しだ」と新天地に放した瞬間、ヘビが体をくねらせながら、苦しそうに口を大きく開けた。

    ドライブの震動が刺激を与えたのだろうか?ヘビの口からはさっき飲み込んだばかりの1匹がスルスルと現れた。その間、わずか1分。未消化状態のヘビは「やれやれ生き返った!」とでもいうように、再びエサにならないよう、大急ぎでその場を後にしたという。

    ■腹の中から出てきたのは

    ニシキヘビの共食いはそれほど珍しいことではないが、今回は欲張って自分より体が大きな獲物を選んだために、吐き出してしまったのが悲劇だ。

    とはいえ、ニシキヘビは猫や豚、まれに人間の子供すら狙うこともある。カナダのビクトリア大学で生物学を研究するパトリック・T・グレゴリー教授によれば、ヘビの下あごの2つの骨は、人間のように固定されておらず、弾力のある靭帯で結ばれているため、それぞれ独立して動かすことができることから、大きな獲物をひと飲みするのも朝飯前だという。

    ニシキヘビの腹の中にいるのは…
    no title


    最初はニワトリが食われたと思ったが…
    no title


    大蛇の口からもう1匹が…
    no title


    未消化のヘビの方が大きかった
    no title


    「じゃあな」2匹とも元気だった
    no title


    ヘビの下アゴの骨は独立して動く
    no title


    2019年06月16日 06時00分
    ハザードラボ
    https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/9/29514.html

    【【共食い】ニシキヘビ4m!自分よりデカイ仲間を丸呑みも「やっぱ無理」と吐き出す/豪州 】の続きを読む

    9a9b6abb7919fd2174ac0cfb69fce70d_t
    元スレ:「http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560747779/
    1: 記憶たどり。 ★ 2019/06/17(月) 14:02:59.96 ID:Ws15bO1o9
    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/518766/

    福岡市は14日、カラスによる生活被害の市民相談が増えているとして、被害の実態調査や未然防止策の
    検討に乗り出す方針を明らかにした。「襲われた」「ごみを荒らす」などの相談がこの5年で約3倍に増えており、
    対策が必要と判断した。市議会定例会で田中慎介市議(市民クラブ)の一般質問に答えた。

    市によると、市内ではごみの夜間収集を実施していることもあり、カラスの相談は目立っていなかったが、
    近年右肩上がりで急増。2018年度は各区役所に計133件の相談があり、14年度の45件から大幅に増えた。
    内容は「恐怖を感じる・襲われた」「巣を撤去してほしい」「ごみを荒らす」が大半を占めている。

    市民からの相談が急増している背景は不明で、市内での生息実態なども分かっていないという。
    市のこれまでのカラス対策は農作物への対応が中心。街中や住宅街での被害相談に対しては
    「巣に近づかないで」「ごみ出し時間の順守を」といった注意喚起の周知などにとどまっているという。

    これに対し、田中市議は「市民のカラスに襲われるという不安は増している。被害の調査や予防的な措置が必要だ」
    と指摘。小野田勝則総務企画局長は「国や他都市の事例を参考に被害防止の取り組みをしっかり検討したい」と答えた。

    【【とり】「恐怖を感じる」「襲われた」福岡市でカラス被害の相談が急増。市が被害の実態調査へ 】の続きを読む

    元スレ:「http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1560507347/
    1: SQNY ★ 2019/06/14(金) 19:15:47.69 ID:CAP_USER
    ・仏コルシカ島で「キツネネコ」捕獲?当局は新種と主張

    動画:https://youtu.be/CXu_HzY6e-M



    【6月14日 AFP】フランス国立狩猟・野生動物事務局(ONCFS)の職員らが「キツネネコ」と呼ぶこのネコ。地中海の仏領コルシカ(Corsica)島で捕獲され、ONCFSは在来種やヨーロッパヤマネコとはDNAが異なるため新種であると主張している。(c)AFP

    ・Corse: Le «chat-renard», animal mythologique des bergers, existe vraiment (et il est «stupéfiant»)
    https://www.20minutes.fr/planete/2539663-20190613-corse-chat-renard-animal-mythologique-bergers-existe-vraiment-stupefiant

    (ねこ)
    no title

    no title

    no title

    no title


    2019年6月14日 18:17 AFP
    https://www.afpbb.com/articles/-/3230029?act=all

    【【フランス】コルシカ島で「キツネネコ」のようなものを捕獲:当局は新種と主張 [06/14] 】の続きを読む

    元スレ:「http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1560605640/
    1: SQNY ★ 2019/06/15(土) 22:34:00.38 ID:CAP_USER
    ・動画:NZで家畜泥棒が横行、対策で法定刑引き上げ 解体し肉だけ持ち去るケースも

    動画:https://players.brightcove.net/5615997992001/default_default/index.html?videoId=6048592077001

    【6月15日 AFP】家畜泥棒というと米西部開拓時代の出来事のように聞こえるかもしれないが、ニュージーランドでは今まさに横行している。こうした事態を受けて最近、家畜泥棒の法定刑の上限が禁錮10年に引き上げられた。

     牧羊農家のダニエル・ウィーラー(Daniel Wheeler)さんの農場に夜に侵入した家畜泥棒は、羊を生きたまま盗まずその場で解体し、売りさばくために肉だけを持ち去った。後には内臓と血だまりが残されていたという。

     映像は、ニュージーランド南島アッシュバートン(Ashburton)の農場。14日撮影。(c)AFP

    ・Livestock rustlers face jail time as New Zealand tightens laws
    https://news.yahoo.com/livestock-rustlers-face-jail-time-zealand-tightens-laws-070615596.html

    (画像)
    no title

    https://s.yimg.com/ny/api/res/1.2/nMfJqfxu4xjDURSQ3pXjLQ--~A/YXBwaWQ9aGlnaGxhbmRlcjtzbT0xO3c9ODAwO2g9NjAwO2lsPXBsYW5l/http://media.zenfs.com/en_us/News/afp.com/aead04796218f427730d1fa7789d7f08c0b23c56.jpg

    2019年6月15日 16:23 AFP
    https://www.afpbb.com/articles/-/3230158?act=all

    【【ニュージーランド】家畜泥棒が横行し対策で法定刑を引き上げ:その場で解体し肉だけ持ち去るケースも [06/15] 】の続きを読む

    このページのトップヘ