レコジンの卵

2ちゃんねる速報二ューススレッドやおーぷん2chなどのスレッドから管理人の興味のままにまとめ紹介しています。

サイエンスと宇宙



元スレ:「http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567704487/
1: みつを ★ 2019/09/06(金) 02:28:07.14 ID:zLmoiDT+9
https://www.cnn.co.jp/fringe/35142272.html

人工衛星同士が衝突危機、緊急の軌道修正 ESA
2019.09.05 Thu posted at 20:11 JST

(CNN Business) 欧州宇宙機関(ESA)は5日までに、運用する地球観測衛星「アイオロス」が、米宇宙開発企業「スペースX」の衛星と衝突する恐れがあったとして緊急回避の作業を実施したと発表した。

ESAはツイッター上で、稼働を続けている衛星同士の衝突を避けるための軌道修正は極めてまれと指摘。これまでの衝突回避作業の大半は運用が中止された衛星や以前の衝突で生じて漂流する破片などが対象だったと説明した。
今回、衝突する可能性があったのは、スペースXが地球全域を対象にしたインターネット基地局を構築するために進めている計画「スターリンク・システム」の一環となる衛星。同計画では数千基規模の衛星配備を予定し、最初の衛星は今年5月に打ち上げられていた。

ESAの声明によると、衝突の恐れが浮上したため同社に接触したが、衛星を移動させる予定はないとの回答が返ってきた。ESAはこのため、アイオロスの高度を上昇させるためのエンジン噴射に踏み切ったという。

この作業は、衝突する可能性があった位置の半周手前だったとしている。
大量の小型衛星の打ち上げなどで宇宙空間の混雑は加速しているとされ、ESAは宇宙での衛星同士の衝突を避けるため、人工知能(AI)を使った回避システムも開発している。

ESAの安全対策責任者は声明で、今回の衝突回避の措置は宇宙での適切な交通管理が緊急な課題になっていることを示したと指摘。透明性の高い通信手順の確立や一層の自動化推進などの必要性に言及した。

【【宇宙】人工衛星同士が衝突危機、緊急の軌道修正 ESA 】の続きを読む


  

元スレ:「http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567573175/
1: しじみ ★ 2019/09/04(水) 13:59:35.05 ID:BwGYgXyM9
インドの月探査機「チャンドラヤーン2号」が8月23日、月の表面の画像を撮影して地球へと送信しました。

チャンドラヤーン2号はインドの月探査機「チャンドラヤーン1号」の後継ミッションで、オービター(探査機)とローバー(探査車)「プラギャン」、ランダー(着陸機)「ヴィクラム」から構成されます。そして、月の南極にて探査を行います。

今回撮影された画像は、搭載カメラのTerrain Mapping Camera 2にて月の北極側を捉えたものです。また、その周辺のクレーターの様子も確認できます。

7月22日に打ち上げられたチャンドラヤーン2号は、8月19日に月周回軌道へと到達。そして現在は、ローバーの投下に備えています。ローバーは約2週間、オービターは約1年間活動し、これが成功すればインドは旧ソ連、アメリカ、中国につぐ4カ国目に月面軟着陸を成し遂げた国となります。

no title


■India’s Chandrayaan-2 Spacecraft Scouts the Moon in New Lunar Photos
https://www.space.com/india-chandrayaan-2-scouts-the-moon-new-photos.html

https://sorae.info/space/2019_08_30_chan.html

【【宇宙開発】インドの月探査機のチャンドラヤーン2号が捉えた月の姿(画像あり) 】の続きを読む



元スレ:「http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567528429/
1: みつを ★ 2019/09/04(水) 01:33:49.35 ID:Rcj5ldzM9
https://this.kiji.is/541656120152425569

はやぶさ2に一時異常
姿勢制御装置で
2019/9/4 01:27 (JST)
©一般社団法人共同通信社



 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3日、探査機はやぶさ2が8月29日に姿勢制御装置の異常を検知し、一時的に通信など必要最小限の機器だけを作動させる「セーフホールド」状態になったと発表した。探査機は既に正常の状態に戻っているという。

 JAXAによると、問題があったのは姿勢制御のための「リアクションホイール」と呼ばれる装置。昨年10月以降は使用していなかった予備機器の動作確認の際に不具合を検知した。

 セーフホールド状態になったことで、はやぶさ2は移動してしまった。JAXAは小惑星りゅうぐう上空20キロの元の位置に戻す作業を進めるとともに原因を調査している。

【【宇宙】はやぶさ2に一時異常 姿勢制御装置で 】の続きを読む

このページのトップヘ