スポーツ・格闘技

    元スレ:「http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561062091/
    1: 豆次郎 ★ 2019/06/21(金) 05:21:31.70 ID:A49MSuWG9
    6/21(金) 5:00配信
    スポニチアネックス
    肩こりなどにも効く 内田×大迫「エクササイズ本」発売

     鹿島のDF内田篤人(31)、ブレーメンのFW大迫勇也(29)がそれぞれ地元の静岡、鹿児島でプロデュースしたトレーニングスタジオ「ウチダラボ」「オオサコラボ」が監修する初のエクササイズ本「内田篤人 大迫勇也ふぅ~っと深呼吸ストレッチ」(宝島社)が22日から発売されることになった。

     実際に両選手も実践しているメニューばかりで猫背、肩こり、脚のむくみなどに効くお悩み別ストレッチ、ダイエット効果はもちろん、オフィスや移動中にもぽっこりお腹を撃退できる“ながら”エクササイズ、上級者も大満足の「内田×大迫のスペシャルメニュー」など、計57のストレッチ&エクササイズが収録されている。

     巻頭には、両選手のインタビューも収録され、エクササイズを始める人からサッカーファンまで待望の一冊となっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00000003-spnannex-socc
    22日発売のエクササイズ本「内田篤人 大迫勇也ふぅ~っと深呼吸ストレッチ」
    no title

    【【サッカー】肩こりなどにも効く 内田篤人×大迫勇也「エクササイズ本」発売 】の続きを読む

    元スレ:「http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561061691/
    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/06/21(金) 05:14:51.59 ID:wvG5H3Vz9
    2019年6月21日 0時28分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190621/k10011962771000.html

    テニスの女子シングルス、世界ランキング1位の大坂なおみ選手が、20日、四大大会のウィンブルドン選手権の前哨戦として出場したツアー大会の2回戦で、カザフスタンの選手にセットカウント0対2で敗れ、準々決勝進出はなりませんでした。

    大坂選手は、イギリスのバーミンガムで行われている今シーズン最初の芝のコートの大会の2回戦で、世界43位、カザフスタンのユリア・プティンツェバ選手と対戦しました。

    大坂選手は第1セット、集中力を欠いたプレーが目立ち、ショットでミスが相次いだことに加え、相手の強烈なサーブにも苦しんで2-6で落としました。

    第2セットは、サイドライン際を狙ったショットが決まり始め、第3ゲームから第5ゲームまで3ゲーム連続で取りました。

    しかし、その後は、ラリーの中で動き回って粘り強く対応する相手に対して先にミスを重ね、流れを引き戻すことができずに3ー6で落としました。

    大坂選手は、セットカウント0対2で格下の選手に敗れ、準々決勝進出はなりませんでした。

    【【テニス】大坂なおみ 格下の選手に2回戦で敗退 ウィンブルドン前哨戦 】の続きを読む

    元スレ:「http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561061294/
    1: 豆次郎 ★ 2019/06/21(金) 05:08:14.04 ID:A49MSuWG9
    6/21(金) 5:00配信
    天心VS亀田など”ボクシングもどき”が続く状況を危惧しプロボクシング界がついに怒りの声明表明へ

     JBC(日本ボクシングコミッション)と、プロジムのオーナーによる団体の日本プロボクシング協会が、格闘界や一部ネットテレビが、無許可で目に余る”ボクシングもどき”のイベントを連発させていることに関して危機感を抱き「これ以上看過できない」と、一線を引くための共同声明を出す方針であることが20日、明らかになった。
     AbemaTVの番組企画として天才キックボクサー、那須川天心(20)とボクシングの元3階級王者、亀田興毅氏(32)のボクシングルールによる対戦が22日に行われるが、これも国内のボクシングを統括しているJBCに無許可の”ボクシングもどき”イベント。大晦日に「RIZIN.14」で行われた元5階級王者のフロイド・メイウェザー(42、米国)対天心のボクシングルールによるエキシビジションマッチなど、ボクシングを食い物にするような”もどきイベント”に歯止めが効かなくなっているため、ボクシングのイメージダウンを危惧するボクシング界が、ついに沈黙を破って立ち上がるものだ。

     今回の天心vs亀田戦は、5月1日、18日に渡って行われた「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」シリーズのスペシャルマッチとして企画されたもので、これまでの企画同様、ヘッドギア&12オンスグローブで行われる模様。KO決着は考えにくいが、JBCの管轄外のイベントだ。
     しかもJBCルールでは、ライセンス保持者の他のプロスポーツ、格闘技への参加を特別な許可がない限り禁じている。先の天心への挑戦者決定トーナメントに現役選手は、もちろんJBCのトレーナーライセンス、オーナーライセンス、プロモーターライセンスを持つOBが一切参加しなかったのも、そういう理由だ。

     亀田氏も、昨年までは協栄ジムからトレーナーライセンスを取得してWBC世界スーパーバンタム級暫定王者の亀田和毅(協栄)の世界戦のセコンドにつくなどの活動を行ってきた。本来ならば今回の天心戦は、ライセンス剥奪処分が検討される行為だが、なぜか亀田氏は、今年度のトレーナーライセンスの更新を行っておらず、今回のイベント参加には、なんら支障はない。ただJBC関係者によると「今後の各種ライセンスの再取得は難しくなる」という。

     7月13日の和毅と正規王者、レイ・バルガス(メキシコ)との統一戦はJBCの統括外となる米国で開催されるためセコンドにつくことができるが、このままでは、今後、日本でJBCが管轄するボクシング界での活動再開は難しくなる。

     また当初、天心vs亀田戦の解説として元WBC世界バンタム級王者、薬師寺保栄の名前が発表されていたが、薬師寺は名古屋のプロジムの会長で各種ライセンスを所持しているため、JBCがルールに抵触することを伝え、薬師寺は番組出演を辞退した。現在、AbemaTVの番組HPには「※薬師寺保栄さん、木村悠さんの出演は取り止めになりました」と書かれているが「なぜ取り止めになったのか」の説明はされていない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00010000-wordleafs-fight
    no title

    【【ボクシング】那須川天心VS亀田興毅など"ボクシングもどき"が続く状況を危惧し、プロボクシング界がついに怒りの声明表明へ 】の続きを読む

    元スレ:「http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560826374/
    1: 豆次郎 ★ 2019/06/18(火) 11:52:54.83 ID:nWqJUndl9
    6/18(火) 9:53配信
    日本代表、決定機演出も得点奪えず ビダル擁するチリ代表に4失点完敗

    6月18日(火)コパ・アメリカ2019、チリ代表vs日本代表の一戦が行われ、4-0でチリ代表が勝利を収めている。

    メッシと比較された久保建英が回答...18歳らしからぬ落ち着きで話題

    日本時間8時にキックオフを迎えた一戦、日本代表のスターティングイレブンには、レアル・マドリー移籍が決まった久保建英、ヘタフェでプレーする柴崎岳、そして現在の日本代表を牽引する中島翔哉が名を連ねた。

    対するチリ代表は、FCバルセロナでプレーするアルトゥーロ・ビダルが中盤の真ん中に構えた。

    前半5分、背後を取った上田が倒され、PA右でFKを獲得。久保が左足でファーサイドを狙ったシュートは枠上へと外れた。

    前半11分、左サイドを久保がドリブルで1人かわし上田へラストパス。これはチリ代表DFがスライディングでクリアした。
    日本代表は久保、中島を中心に個での突破をみせる。
    対するチリ代表もビダルにボールを集め、サイドに揺さぶりPAへ侵入するもシュートへ持ち込むも決定的なシーンを作ることが出来ない。

    前半34分、サンチェスがみせる。
    左サイド45度の位置でボールを持ったサンチェスは原をかわしファーサイドを狙ったシューを放つがゴールわずか上へと外れた。

    前半40分、先制ゴールはチリ代表。
    アランギスのコーナーキックにブルガルが頭で合わせてゴールネットを揺らした。(1-0)

    後半54分、チリが追加点を奪う。
    右サイドのイスラからバルガスへラストパス。バルガスが放ったシュートは冨安の足に当たりコースが変わったボールはゴールへと吸い込まれた。

    後半56分、日本も決定的なシーンを作る。ビダルからボールを奪った柴崎は右サイドから、上田へクロス。スライディングしながらの上田のシュートは枠を捉えることが出来なかった。

    後半64分、久保が左サイドを崩し、ビダルを含め2人をかわしPAへ侵入。
    左足でシュートを放ったが、芯を捉えることが出来ず枠を外れた。
    日本代表ペースの時間が続く。
    左サイドで久保が相手を引きつけ、杉岡へ展開。左サイドから低めのクロスに上田が反応するが届かず。

    日本代表は後半78分、上田に代わって岡崎を投入。

    後半82分、右サイドで1vs1を制したアランギスがクロスボール。頭でサンチェスが合わせてチリ代表が3点目をマーク。
    1分後、バルガスがこの試合2ゴール目を奪う。柴崎がヘディングで流したセカンドボールをサンチェスが拾いバルガスへラストパス。受けたバルガスはGKが前に出てきたのをみて、ループシュートでゴールネットを揺らした。(4-0)

    前半入りはよく決定機も演出した日本代表だが、前半終わりからチリ代表にペースを掴まれ4失点と世界の壁を見せつけられた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00010003-sportes-socc
    no title


    ★1がたった時間:2019/06/18(火) 09:54:58.54
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560823711/

    【【サッカー】日本代表、決定機演出も得点奪えず ビダル擁するチリ代表に4失点完敗★6 】の続きを読む

    このページのトップヘ