芸能エンタメ・メディア

    元スレ:「http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561346585/
    1: Egg ★ 2019/06/24(月) 12:23:05.86 ID:t4RUwqhN9
    no title


    NHKが放送と同時にインターネットにテレビ番組を流す「常時同時配信」を認める改正放送法が、先月国会で成立した。民放各局がNHKの「肥大化」や「民業圧迫」の懸念を示す中、今年度中の実施を目指すNHKの狙いを検証する。(文化部 井上晋治)

    テレビ離れや人口減→収入減に危機感
    no title


    NHKが常時同時配信に乗り出す背景には、若年層のテレビ離れや将来を見通した上での人口減少に伴う受信料収入の減少に対する危機感がある。

     同局は現行の3か年計画(2018~20年度)の策定段階で、経営委員会に提出した資料で「テレビを見ずにネットのみ利用する人は国民の約5%」という世論調査結果を示した。上田良一・NHK会長は昨秋、受信料の値下げを公表した際、日本の世帯数が2023年をピークに減少するという国立社会保障・人口問題研究所の推計を踏まえ、「経営環境は厳しさを増す」との認識を示した。

     受信契約を結ばず、パソコンやスマートフォンなどだけで配信番組を視聴する世帯に将来、受信料を求める可能性について、上田会長の諮問機関「受信料制度等検討委員会」は17年7月、インフラ整備や国民的な合意形成の環境が整うことを前提に「一定の合理性がある」と答申。

     上田会長も今年1月の取材に対し、「情報が社会的基盤の役割を果たしているという信頼が国民から得られれば、受信料の負担についてご理解いただけると思う」と、前向きな考えを示している。

    「2・5%維持」明言避ける

     NHKは番組配信を含むインターネット業務の現行の実施基準で、運営費の上限を受信料収入の2・5%と規定している。今年度予算では2・4%にあたる約169億円を計上。上田会長は「常時同時配信を19年度中に実施できても、2・4%の範囲内でやる」と説明する。

     だが、20年度から常時同時配信が通年の実施となれば事情は異なる。同局は通年の運営費を50億円と見積もるが、これに配信する番組で使う音楽など著作権上の処理費が上積みされる。

     その額がいくらになるのかは権利者側との交渉次第で不明なため、2・5%の維持について、上田会長は「適正な上限を設けて抑制的な管理に努め、透明性を確保して民放や視聴者の理解を得る」と述べるにとどめ、明言を避けている。

    6/24(月) 12:10配信 読売新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00010000-yom-bus_all

    【【テレビ】<NHK>「常時同時配信」で、肥大化・民業圧迫!民放各局が懸念... 】の続きを読む

    元スレ:「http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561343325/
    1: ひかり ★ 2019/06/24(月) 11:28:45.33 ID:ngNYzTXL9
     お笑い芸人の間寛平が23日、ツイッターを更新し、芸能界を引退した島田紳助さんと電話で8年ぶりに話をしたことを明かし
    「声を聞いて泣いた、泣いた」と感激をつぶやいた。

     寛平は「今日は最高の日でした」と切り出すと「紳助が引退して会うきかいが沢山あったのになかなかあえなかって今日電話で8年ぶりに
    話をして泣いた」(原文ママ)と、紳助さんと8年ぶりに会話を交わしたことを明かした。

     続けて「声を聞いて泣いた泣いた、会いたいです、ウヒハ」と、懐かしい声に、会いたい気持ちを募らせた。

     これにファンからは「会えるなら会った方がいい」「お互い元気なうちに再会できたらいいね」「紳助さんと連絡して本当に嬉しくて
    たまらなすぎるほど良かったですね」など、寛平の感激ぶりに、紳助さんとの再会を後押しする声が寄せられていた。

     紳助さんは11年8月に、週刊誌報道をきっかけに芸能界を引退している。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00000050-dal-ent

    【【芸能】間寛平、紳助さんと8年ぶり会話「声を聞いて泣いた泣いた」 】の続きを読む

    元スレ:「http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561345935/
    1: ひかり ★ 2019/06/24(月) 12:12:15.73 ID:ngNYzTXL9
     タレントの新山千春(38)が24日、自身のインスタグラムを更新し、長女・もあさん(12)との2ショットを公開した。

     千春は「中学校に入学した頃、娘と記念写真を撮りました」とつづり、親子で肩を組んだ写真や2人で談笑する写真をアップ。
    「これからもしっかりと向き合って守っていく!!」と決意を示した。

     千春は2004年12月に当時巨人で現在西武コーチを務める黒田哲史氏(44)と結婚。06年7月に長女が誕生したが、
    14年12月に離婚した。

     もあさんは「新山小春」の芸名で子役としても活動し、親子でバラエティー番組などに出演。美少女ぶりが話題となった。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00000068-sph-ent
    no title

    2: 名無しさん@恐縮です 2019/06/24(月) 12:12:51.47 ID:P2bAsWn70
    そうでもなかった

    3: 名無しさん@恐縮です 2019/06/24(月) 12:13:10.93 ID:yt6Xs2xy0
    美少女どこ?

    4: 名無しさん@恐縮です 2019/06/24(月) 12:13:17.10 ID:BXqJJONo0
    黒田じゃねえか

    5: 名無しさん@恐縮です 2019/06/24(月) 12:13:50.27 ID:4RuaOdwb0
    め~ぐる~ めーぐる季節 の 中で~♪

    6: 名無しさん@恐縮です 2019/06/24(月) 12:14:04.34 ID:/7uhLWPe0
    なんかゴツイな
    小っちゃい頃からその片鱗はあったけど

    7: 名無しさん@恐縮です 2019/06/24(月) 12:14:06.30 ID:paLsVMlw0
    父親似

    元スレ:「http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561328801/
    1: Egg ★ 2019/06/24(月) 07:26:41.89 ID:0hEryVoV9
    日本で三国志を描いた映画「新解釈・三國志」の撮影がクランクアップし、2020年に全国で公開されることとなった。
    中国メディアの今日頭条は17日、「日本人はなぜこれほどまでに三国志を愛しているのか」と問いかける記事を掲載した。

    記事は、今月撮影がクランクアップした映画「新解釈・三國志」について触れ、監督自ら「今まで誰も考えた事のない三国志の新たな解釈で撮影した」と述べ、
    「劉備玄徳は絶えず愚痴をこぼすなど少しも将軍らしくない、笑いに特化したエンターテイメント作品」と仕上がっていると紹介。

    そして、日本ではこれまで三国志が小説、漫画、映画、ゲームと様々なジャンルで題材とされてきたと指摘し、「日本人は三国文化にどこまで夢中なんだ」と驚きを表わした。

    近年で言えば、中国人監督である呉宇森(ジョン・ウー)によって三国志演義の「赤壁の戦い」が描かれた映画「レッドクリフ」は「日本の映画史上で最も成功を収めた中国映画となった」と紹介し、
    日本で大きな成功を収めた中国映画はやはり三国志がテーマであったことを強調した。

    続けて、日本で三国志が愛される背景として、奈良時代には既に日本人は三国志に触れていたが、戦後「日本人の2人の作家の作品が大きな影響を与え、日本で三国志ファンを増やした」と指摘。

    それは、作家・吉川栄治氏の小説「三国志」によって、「三国志演義の登場人物が日本人向けに魅力を持った人物として描かれたこと」こと、
    また丸山光輝氏による「漫画三国志はストーリーがシンプルなゆえに入門書として多くの日本人に三国文化を広げた」と説明。

    こうして日本で三国志が広まると、一定のファンを獲得し、その後は日本のアニメ、漫画、ゲーム、小説といった二次元の文化と融合し、幅広い層のファンを集めるに至ったと独自の分析を展開したした。
    こうしてみると、中国人も驚くほど三国志は日本人に愛される中国文化の1つとなっていることがわかるだろう。

    2019年6月23日 15時12分
    https://news.livedoor.com/article/detail/16664760/

    1 Egg ★ 2019/06/23(日) 22:52:38.20
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561297958/

    【【文芸】<日本人はなぜこれほどまでに「三国志」を愛しているのか?> ★2 】の続きを読む

    元スレ:「http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561325544/
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/06/24(月) 06:32:24.63 ID:76N9ZOCx9
     久しぶりの“帰郷”に懐かしさを感じたようだ。

     山口智子(54)が「ロングバケーション」以来、23年ぶりにフジの月9に戻ってくる。7月クールのドラマ「監察医 朝顔」への出演が決まったのだ。本人も〈幼なじみに再会したような、正月に実家に帰ったような、ほっとする親近感を覚えます〉とコメントを発表。

     長い間、女優業から距離を置いていた山口だが、最近は積極的にドラマへの出演を果たしている。

    「昨年、22年ぶりに木村拓哉と共演し、現在放送中の朝ドラ『なつぞら』にも出演中。ただ彼女の演技は、あまりにもトレンディ感が残っていて、今の若い子には違和感が強いと思いますよ」(ドラマウォッチャー)

     今回の月9出演はそういったレッテルを剥がすため、という見方もある。

    「山口の役どころは、主人公に頼りにされる主任教授役なんですが、原作の漫画ではかなり癖の強いキャラ。過去に演じたことがない役柄なので、スイッチを入れて振り切った演技さえすれば評価は高まる。癖の強い役は役者には、意外と演じやすいですからね」(同)

     今回の月9は医療ドラマで、そもそも山口の役柄には恋愛エピソードすらない。月9は王道ラブストーリーのイメージが強かったが、

    「この1年で様変わりしました。視聴率欲しさに刑事ドラマや医療ドラマを増やし、恋愛要素は極力抑えるのが主流です。そもそも山口が戻っても故郷の面影はないといえますね」(同)

     浦島太郎な月9女王の演技に注目だ。

    「週刊新潮」2019年6月20日号 掲載


    6/24(月) 5:56配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190624-00567370-shincho-ent
    no title

    no title

    【【女優】山口智子が23年ぶりにフジ月9出演も「浦島太郎」状態 】の続きを読む

    このページのトップヘ